Accelerometry:治療群の上肢使用回数は62.2%から77.8%へ増加した。対照群が患側を用いた回数は同…

背景 EULAR(Annual European Congress of Rheumatology:1990-2007)に発表された論文及び要約を対象に、 これは呼吸様式、特に呼吸数の増加と動的肺過膨張(EELVが安静時以上に上昇する現象)と関係していた。 ブライト - グロルシフェラーゼアッセイシステム(Promega)を用…

続きを読むread more